【4565】そーせいグループがIRを発表

5日、【4565】そーせいグループ(SOSEI)が「投資単位の引下げに関する考え方及び方針等について」のタイトルでIRを発表。

IRによると投資単位の引き下げは短期的にみて検討を行う予定はないとのこと。

分割期待筋には残念な結果ではあるが、SOSEIの魅力からするとこの価格帯の方が良いと株ちゃんねるは評価。

【4565】そーせいグループの業績分析

底入れ感のかなりある【4565】そーせいグループの業績を独自分析してみよう。(あくまでも株ちゃんねるの独自分析なので、売買の判断は自己責任にてお願い致します。)

ちなみに、現在のenishの株価は11,400円(100株単位)

直近では2月10日に平成29年3月期 第3四半期決算が発表されているのでみてましょう。

売上高(百万円)

平成28年3月期第3四半期 7,741

平成29年3月期第3四半期 17,118

営業利益(百万円)

平成28年3月期第3四半期 2,828

平成29年3月期第3四半期 12,633

四半期包括利益(百万円)

平成28年3月期第3四半期 2,179

平成29年3月期第3四半期 6,807

そーせいグループの業績を独自分析

業績に関しては順調に推移しており、来期の数字も楽しみな感じですね。

まだまだ株価も高値の半値以下。来期の業績に見通しがつくようであれば間違いなく「買い」でいきたいところです。

直近のチャートはYahooファイナンスより

【3667】enishの業績分析

4/27日に四半期決算を発表したばかりの【3667】enishの業績を独自分析してみよう。(あくまでも株ちゃんねるの独自分析なので、売買の判断は自己責任にてお願い致します。)

ちなみに、現在のenishの株価は1,161円(100株単位)

直近で発表された四半期決算は以下の通り

売上高(百万円)

平成28年12月期第1四半期 1,271

平成29年12月期第1四半期 1,043

営業利益(百万円)

平成28年12月期第1四半期 △41

平成29年12月期第1四半期 △202

経常利益(百万円)

平成28年12月期第1四半期 △43

平成29年12月期第1四半期 △201

四半期純利益(百万円)

平成28年12月期第1四半期 △43

平成29年12月期第1四半期 △201

enishの業績を独自分析

直近の数値を見る限りでは減収減益で厳しい数字ですね。株価は1日に発表した人気アニメとのコラボで急騰していますが、これは信用売りを踏み上げる材料に過ぎずと判断すべきでしょうか。

純粋に業績という面だけを見ると、enish株は当面見送りとします。

直近のチャートはYahooファイナンスより

SONYの新製品発表 ロボットプログラミング

SONYは明日(2日)からソニーストア銀座、ソニーストア名古屋、ソニーストア大阪、ソニーストア福岡天神でSONYの新製品KOOV(クーブ)を先行展示する。

KOOVはロボットプログラミング学習キットで、ブロックで自由な「かたち」をつくり、「プログラミング」によってさまざまな「動き」を与えて遊びながら学ぶ、ロボット・プログラミング学習キットです。

ソニーの1日の終値は3,410円(100株単位)

テング酒場でノロウイルスが発生

テング酒場を経営する【8207】テンアライド株式会社は1日、テング酒場 谷町四丁目店で1月25日、26日に来店したお客様からノロウイルスが発生したことを発表した。

1日の終値は389円(100株単位)

20日上場のリネットジャパングループ、初値は3,530円

20日上場のリネットジャパングループ、初値は3,530円だった。(公開価格1,830円)

公開価格の2倍近い価格で初値をつけた後は、3,990円と4,000円近くまで上昇したが、その後は利益確定の売りに押されて終値は3,150円と大きなしこりを残した状態の陰線引けとなってしまった。

明日以降もIPOラッシュとなることから、資金分散が予想され、リネットジャパングループは難しい展開が続くのではないだろうか。

株ちゃんねるとしては、底値を確認してからの打診買いがいいのではないかと思う。