日経平均株価が一時1,000円超の下落、理由はテーパリングへの警戒感との観測が

週明け月曜日に6月21日の日経平均株価は一時期1,000円を超える下落で、最終的には-953.15(前営業日比-3.29%)となった。 下落の主な要因は米国のテーパリング、所謂、金融緩和政策の引き締め・縮小を警戒してとの

節分天井・彼岸底(せつぶんてんじょう・ひがんぞこ)

この季節になるとよく聞かれるのが『節分天井・彼岸底(せつぶんてんじょう・ひがんぞこ)』という言葉。 これは株式相場の言い伝えで、節分(2/3)の頃まで上昇を続けていた相場が節分で天井(ピーク)をつけ、彼岸(3月中旬)頃に